「限界」から「夢」にかわる(有)岡本製作所の新酪農システム新酪農システム
   
全自動給餌システム
多群管理、多群用TMR 、多数回給飼を全自動でおこなうシステムです。
 1. 好きな時間に
 2. 好きな量を
 3. 搾乳の能力に応じたTMRを供与できる装置を実用化しました。
岡本製作所の新酪農システム
新酪農システムプロジェクト給餌システム
新酪農システムプロジェクト堆肥システム
新酪農システムプロジェクト3D動画
新酪農システムプロジェクト写真集
新酪農システムプロジェクトライブカメラ
新酪農システム納入実績
岡本製作所会社概要新酪農システムプロジェクトオススメサイト
新酪農システムプロジェクト問い合わせ
   
給飼システムの仕様

 1..購入乾草の70mm自動切断
 2..地下サイロからSPクレーンを利用した自動取り出し
 3.タッチパネルによるメニュー設定
 4.全原料の100g単位による計量攪拌
 5.多群管理、多数回給飼、夜間給飼
 6.飼槽状況の画像処理による給飼タイミングの自動化
 7.電気使用料 100頭規模 約8000円/月




この装置はハイテク技術をフルに活用した世界初のシステムです。
1) サイロクレーンによるサイレージや切断乾草の取り出し

サイロクレーンは、昭和63年に地下角型サイロからサイレージの取り出し用に開発され
 1. 好きな時間、回数
 2. 決められた時間、場所
に取出せるように改善されました。
これが自動化の第一歩です。
さらに、自給角型梱包乾草や輸入乾草をトワインを取りトコロテン方式で75mmの長さ に切断し、50Kg梱包乾草を約2分で切断する機械が完成しました。
切断乾草も地下角型サイロに2−3種類貯蔵しておきます。

2) 粗飼料の荷受コンベア・ボックスと混合量

使用する粗飼料の種類でコンベアの数がきまります。 例えばサイレジ1種類で乾草が2種類の場合にはコンベア・ボックスは3個必要です。粗飼料の混合割合と混合量はコンベアの速度をコンピュータで制御して行います。

3) 濃厚飼料タンクと配合量

現在使用している飼料タンクを活用できます。
市販の配合飼料、サプリメント、大麦、ビート、ヘイキューブなどが各タンクに入れられ、飼料タンクの下部からスクリューオーガで総混合機に供給されます。
インバータで各飼料の混合割合をコントロールしています。 

この全自動給飼システムには、決まった仕様はありません。
各酪農家の条件、ご要望に応じ、自由に組み合わせることが可能です。
システム価格は、数百万円から3千万円程度までのシステム構成が可能です。もちろん金額に比例して、計量精度、省力性は上がります。

 あなたのご希望、条件などをお聞かせください。

 システムレイアウト、見積りを無料にてご提示いたします 。

これで給飼作業から解放されます。
人の都合でない、牛の都合にあわせた給飼が実現できます。

 
◆「自給飼料を主体とした全自動TMR調製給飼装置」

  
 HOME 新酪農システム 給飼システム 堆肥システム 3D動画
 ライブカメラ 納入実績 写真集 会社概要 リンク  お問合せ
 

(有)岡本製作所   E-mail 
 〒329-2704 栃木県那須塩原市新南992-60
 TEL0287-36-4663 FAX0287-36-3843

All Rights Reserved by okamoto252
Since 2002-2005