リニアクレーン(堆肥クレーン)

堆肥クレーン

技術的特徴

・搬送できる量が多い (一つかみあたり1~2t)
・堆肥化レーン内での無人作業のため、施設面積が節約できる
・自動化されている
・前後作業のシステム化(混合前処理や乾燥後処理など)が可能

各部説明

堆肥クレーン各部説明

リニアクレーンによる切り返し作業説明図

堆肥クレーンによる切り返し作業説明図
※発酵槽を横から見た図。数字はリニアクレーンの1回の動作で搬送する堆肥の位置番号。

 ① 「発酵槽1」の堆肥(No.15)をグラブでつかんで持ち上げ、
 ② 「発酵槽2」へ横移動し、③グラブを開いて堆肥(No.15)を落下、
 ④次の堆肥(No.16)を搬送するたに「発酵槽1」へ戻る。
 以上の動作を繰り返して、全量を隣の発酵槽へ移動するので堆肥が確実に天地返しされる。

動画

 

図面

リニアクレーン図面
PDFダウンロード図面のPDFを↓のフォームからダウンロードできます。必要事項をご記入の上送信ボタンを押してください。

写真

堆肥クレーン
堆肥クレーン

堆肥クレーン
堆肥クレーン